兵庫県宝塚市の整形外科 いわた整形リウマチクリニック【整形外科・リウマチ科・漢方治療・リハビリテーション他】
ホーム > ギプスについて

ギプスについて

 ウイキペディアによりますとギプス(独: Gips、英: cast)は、骨折・靭帯損傷などの治療において患部が動かないよう外から固定・保護し安静を保つ為に用いられる包帯材料もしくは包帯法の略称で、整形外科などの医療機関で使用されるものです。「ギプスなき所に整形外科はない」と称されるますように、整形外科にとって重要な治療手段です。

 はっきりと骨折があればギプスをすることは問題ないですが、ギプスをするかどうか悩ましいときもあります。
 しかし例えば指の先から2番目の関節でよく関節の横の靱帯損傷がありますが、よく医療機関へ行かないで放置されることがあります。その場合は痛みがなかなか取れなくて最終的に整形外科へ来られますが、それからギプス固定をしても長期間の治療が必要になります。受傷後すぐ来院していただければより短期間で治癒させることは可能です。

 ギプスは絶大な効果を発揮します。私がフットサルで脛8すね9の太い方の骨(脛骨)を骨折をしたときにギプスをするともう治ったのと思うぐらい痛みが取れました。もうギプスをしなくてもいいのかと思うぐらい痛みが取れましたので、試しにはずしてみました。しかし再び痛みがギプスをする前と同じように出て、その後ギプスをしてもらったら痛みはなくなりました。そのときにギプスの絶大な効果を実感しました。


 注意事項
ギプス装着の期間には適切な期間があります。整形外科医はそのへんのところを教科書や経験を頼りに適切に決めていますので、勝手にはすしたりしないようにして下さい。

また装着の範囲も適切に決めていますので、勝手に切って短くするようなことはやめて下さい。

ギプスは基本的には濡らさないようにして下さい。

ギプスの中が痒くて割り箸を突っ込んで割り箸が折れてしまって痛みの原因になることがありますのでそのようなことはしないで下さい。痒い場合は主治医に伝えて下さい。

ギプスの中に砂が入ったりしてしまうとまた痛みの原因になったりしますのでそうならないように注意して下さい。

ギプスから出た手の指や足の指はできるだけ動かすようにしましょう。

ギプスは破損することがありますので修理をしますので破損した場合は伝えて下さい。

足のギプスの場合はジャンプや走ったりしないで下さい。

ギプスをはずした後は必ず運動やリハビリテーションの指導がありますのでそれに従って下さい。

その他気になることなど質問があれば必ずして下さい。



いわた整形リウマチクリニック
〒665-0874 兵庫県宝塚市中筋8-13-5-1A
0797-82-2855

Copyright (c) Iwata Orthopedics and Rheumatology Clinic All Rights Reserved.