兵庫県宝塚市の整形外科 いわた整形リウマチクリニック【整形外科・リウマチ科・漢方治療・リハビリテーション他】
ホーム > 変形性膝関節症

変形性膝関節症


 変形性膝関節症(関節軟骨のすり減り)での誤解

  膝関節痛があり、レントゲン写真で関節の隙間がかなり狭くなっていると大きな病院では手術が必要と言われたりします。手術をしない治療でよくなる可能性はあります。手術ですべてが良くなるとは限りません。手術後に炎症と痛みが残存したり、化膿することもあります。


手術後におこる可能性のある良くない状態
1.化膿
2.骨折
3.脱臼
4.炎症 
5.痛みが取れない
6.膝に入れた人工関節の破損
7.血栓性静脈炎、肺塞栓
8.精神障害(せん妄)

などが報告されていますが、良くない状態は気持ち的に報告したくないのでほんとうはもっと多く発生しているはずです。


 たとえ大学病院などの有名な病院で人工関節をすすめられても、まだ手術しないでできる治療法が残っている可能性があります。
 変形性膝関節症、末期の状態でも普通に生活をされている方もおられます。


いわた整形リウマチクリニック
〒665-0874 兵庫県宝塚市中筋8-13-5-1A
0797-82-2855

Copyright (c) Iwata Orthopedics and Rheumatology Clinic All Rights Reserved.