兵庫県宝塚市の整形外科 いわた整形リウマチクリニック【整形外科・リウマチ科・漢方治療・リハビリテーション他】

診療のご案内

■ 骨粗鬆症

 骨粗鬆症のためにおこる脚の付け根の骨折をしますと75歳以上では、女性で5年足らずで半数が亡くなり、男性では7年で全員が亡くなります。骨粗鬆症の人は1,300万人と推計されますが、治療を受けているのは女性34%、男性7%程度で、治療が進んでいません。その理由は自覚症状がなく、検査をうけられていないからです。女性ではとくに閉経後に1度骨密度検査をして骨密度がどの状態なのかを知っておく必要があります。男性では70歳以上では1度骨密度検査をしておくべきです。

 骨密度が良くても、糖尿病、高血圧、腎臓病、甲状腺の病気で骨の質が悪化していることがりますのでお問い合わせ下さい。

 骨粗鬆症は何か他の原因で骨粗鬆症になっている可能性もありますので、その原因を探ることが重要です。そのためには診察、検査が必要です。

 また他科で骨粗鬆症治療薬でよく使われるビスフォスフォネート製剤を4年以上も漫然と服用されている方もおられますが、逆に骨折(非定型骨折と言います。)しやすくなる可能性がありますのでお問い合わせ下さい。

骨粗鬆症の治療は一人一人の状況に応じて治療させていただきます。

当院では腰椎・大腿骨DEXA法(GE PRODIGY-C)による骨量測定(骨塩定量・骨密度測定)を行っています。これは最も正確な測定法として、日本骨粗鬆症学会、日本骨代謝学会、骨粗鬆症財団が作成した「骨粗鬆症の予防とガイドライン2015」で推奨している方式です。

■ リウマチ科

 リウマチの診療ではまず、その方がほんとうにリウマチかどうか診断することが重要です。典型的な場合は簡単ですが、1カ所だけの関節の腫れなどでは難しい時があります。
 リウマチの治療では、リウマチになっていたら必ず治療しないとよくなりません。薬の副作用が怖いからといって治療しないと骨や軟骨が痛んでしまい、2年以内に指の変形が起こったりします。できるだけ早く治療することが重要です。
 当院では各患者散の状況を考え、薬剤の副作用に注意して適切な治療を行います。
 喫煙がリウマチの原因の1つです。喫煙者の場合は必ず禁煙が必要です。喫煙したままでは薬剤の効果が出ませんし、副作用も出ます。また受動喫煙でリウマチになってられる人もいますので、喫煙者の近くにはいかないようにしましょう。



■ 東洋医学科

漢方による治療を行っています。


 東洋医学的な診断技術で漢方による治療も行います。冷え症や虚弱な人には単なる鎮痛剤の有効性が低く、漢方薬が有効なことが多いです。日本では一人の医師が西洋医学も東洋医学もできるたいへん優れた医療環境がありますので患者さんにより適切な治療が行えます。

 漢方薬の優れた効果を私は自分で使って実感しています。ちょっとした風邪には西洋薬よりも断然気持ちよく早く治ります。感じていただければ幸いです。
 
 一人一人は違います。漢方はそれに対応できます。



■ 交通事故の治療

当院では交通事故による傷病の治療を行っています。

 損保会社、警察、医療類似行為の言いなりにならないよう、患者様の不利にならないように説明させていただきます。


交通事故治療での最重要事項

健康保険を使うと不利な点
健康保険組合に加害者による行為であるという届けを出して、その治療をしてもよいという健康保険組合の了承が必要です。
診断書は当院のものを交付します。
損保会社が要求する診療報酬明細書は健康保険組合に請求します。
健康保険ではできない治療もありますので充分治療できないこともあります。
治療のたびに、3割など一部負担金を窓口で支払います。

物損事故にすると不利な点
交通事故によって、ケガや体に不調がある場合は、なるべく早めに医療機関にかかって、診断書を書いてもらい、警察に人身事故として届けを出しておく必要があります。被害者が警察に診断書を提出することによってはじめて人身事故として処理されます。
法的には、物損事故扱いでは、民法709条が適応となり、もしトラブルになった場合は被害者が、加害者の故意・過失を立証する必要があります。

・警察のメリット: 人身事故では提出書類が多くなり、仕事がたいへんになります。管内人身事故が少なくなったグラフをつくりたいようです。
・損保会社のメリット: 物損扱いとすることで、顧客である加害者に交通違反の反則金を免除されることが、顧客へのサービスとなり、以後の保険継続に他社より有利になります。

医療類似行為(医院、病院以外での施設)での治療の不利な点
医院、病院以外は公に認められていないので診断書が発行できません。
同様に後遺症診断書が発行できません。
治療が長期になる傾向があります。
医院、病院以外での治療後に医療機関に行っても症状と事故との因果関係が証明できないので、やはり後遺症の診断書などが発行してもらえません。後遺症があればもらえたかもしれない補償がもらえません。



いわた整形リウマチクリニック
〒665-0874 兵庫県宝塚市中筋8-13-5-1A
0797-82-2855

Copyright (c) Iwata Orthopedics and Rheumatology Clinic All Rights Reserved.