兵庫県宝塚市の整形外科 いわた整形リウマチクリニック【整形外科・リウマチ科・漢方治療・リハビリテーション他】

リウマチの治療

 一般的にリウマチとは関節リウマチのことを指す場合が多く、関節の内側にある滑膜と言われる部分が炎症を起こして、関節痛や関節の変形などをおこす疾患です。原因の1つは喫煙です。男性患者のだいたい80%は喫煙者です。ある種の遺伝子をもち、その人が喫煙すると57倍リウマチに罹患しやすいと言われています。喫煙していなくても受動喫煙でリウマチになりますので注意しましょう。家族が喫煙しているとか、以前に他人が喫煙している環境で仕事をしていたとがあるとかといった場合です。


 関節リウマチの初期症状として、朝に手を握ることが困難になったりする「こ わばり」の症状がでてきます。昼頃には症状が改善していることが多くありますが、これが長く続くようになると、関節痛が起こるようになり、症状が進行していきます。さらに症状が進むと関節の変形等を起こすことがあります。2年以内に進行することが多く、早期に治療の必要があります。

 リウマチの場合は自然に治ることはありませんので必ず治療が必要です。


診断・治療
 診断で大事なのは関節の診察による所見です。もっとも大事なのは関節の腫れです。血液検査やレントゲン・MRI等は補助診断で、診察の所見の裏付けをとります。その中でも重要なのはエコーの所見です。治療は抗リウマチ薬による投薬治療が一般的になっています。どの薬剤も副作用があります。当院では副作用に注意して治療を行いますが、事前にはわからないことがあります。もちろん投与前に注意すべき副作用の説明は行います。
 
 手術に至らないよう努力します。

 リウマチは喫煙者に多くおこり、生活習慣病の1つとも考えられますが、その場合、必ず禁煙をしないと決して良くなりませんし、生命を脅かすような副作用、合併症も起こります。家族やよく接する人が喫煙者の場合、たとえ接しているときに喫煙していなくても、呼気、腹、髪の毛などからたばこの臭いを感じたらそれは受動喫煙です。受動喫煙でリウマチになる可能性があるので注意しましょう。家族、周囲の人の禁煙が重要です。

 関節リウマチに対して、症状の進行を遅らせたり、痛みを和らげたり、治ったのと同じ状態にすることができます。
 当院では従来からある抗リウマチ薬や治療の根幹をなす免疫抑制剤、それらが無効な場合に使用する生物学的製剤、さらには最新の低分子化合物まで使用経験が豊富で、個々の患者さんに最適な治療でできるようにします。
 また学会での情報の収集や研修会に出席しています。

 早めの診断・治療が重要ですので、関節痛、こわばりの症状等がありましたら、先ずは当院にご相談ください。


いわた整形リウマチクリニック
〒665-0874 兵庫県宝塚市中筋8-13-5-1A
0797-82-2855

Copyright (c) Iwata Orthopedics and Rheumatology Clinic All Rights Reserved.